風の強い日が続いていますがそんな日に飛行機に乗るのが怖い 中山暉規です。



それにしてもパイロットの方々技術は素晴らしいですね。若い頃はそうでもなかったのですが乗れば乗るほど強風と離着陸は恐ろしく感じます。



この間ロンドンにてCWC (Cabot Watch Company) Watchを訪れました。1970年の創立で創業者の方は現在80台になりリタイアされているとの事。今回はお会い出来ませんでしたが次回は是非お会い出来ればと思っています。



創業のきっかけはと言うと当時、その方はハミルトン社の英国輸入元でしたそうです。HAMILTON社も当時ブロードアローの時計を英軍に供給していたのですが都合によりストップすることが決まりそれに替わる英軍腕時計の必要性から創業したとのお話でした。



現在イギリスでCWCの事務所が入っている建物です。

cwc1.jpg

もちろんロイヤル・ワラントの紋章が輝いてます。(女王陛下御用達の意)



スイスで実際の生産を行っていますのでイギリスで主に切り盛りしているのはリチャードとマルコムの二人です。

cwc2.jpg

それにしても私の頭のでかい事…。



現在CWCかなり品薄でご迷惑を掛けております。 数日中に入荷しますのでいましばらくお待ち下さい。

ご予約のお客様よりご案内させて頂きます。



CWCの時計はコチラ