クロノワールド 中山です。



「東北地方太平洋沖地震」におきまして、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。



地震から2週間、信じがたい事が起き、未だ私の頭の中は混乱状態です。地震、津波と言う天災に加え、原発事故の対応、判断の遅れから人災(遅れてなくても事態は変わっていないかもしれませんが)が続いております。この2週間、仕事面でも個人的にもいろいろとあり、震災関連の情報不足により的確に動けない状態が続いております。



弊社営業も一時止まっており、お客様には発送の遅れ等ご迷惑をお掛けいたしました。お詫び申し上げます。お客様よりも多くの励ましを頂くと共に、遅れに関しましても寛容に受け入れて頂き本当に感謝申し上げます。



海外のサプライヤー、メーカー、お客様からも多くの励ましの言葉を頂いております。本当にありがたい事です。



今回の天災は防ぎようがない事ですが、人災そしてその後の情報開示の不透明さ、そして遅れは 許しがたい事だとおもっています。私は海外生活が今まで生きてきた中で3/4になりますが、日本は世界の一員でありこれは日本だけではなく世界で起こった災害なのです。情報開示の不透明さ、遅れにより日本は大きな信頼を失ってしまったのではないでしょうか。今後の復興、そして経済において世界各国の助けがより重要になってくると思います。未だに外国のメディアには記者会見情報も通達せず、駆けつけても会見、そして資料は日本語のみだという事です。世界は1つです、被害は日本だけには留まりません。また、積極的に助けを求めることも大事だと思います。プライドにしがみついている場合ではないのではないでしょうか、みんなの地球ですから。



過去2週間NHK,CNN,BBC,IAEA等の情報を隈なくみていても海外のニュースの方が早い事もあり大きな疑問を感じています。情報の少なさに諸外国、日本に滞在している各国の人々、海外からの救助隊の方々、そしてなにより日本人が大きな不安を抱えています。



私が個人的に出来ることは少なく、アイデアもありませんが、考え、判断をし、直ぐに行動に移すという事が大切な事であると痛感しています



今日の成田は久しぶりの天気。現実に起こっていることが信じられない様な日常の光景が目に映ります…。