今年はまだまだ暑さが続いていますが、そろそろ秋物も着用しだしている今日この頃です。

時計というと単なる時を知る道具では無くて着こなしのコーディネイトも大切です。

時計好きの方もファッション好きの方もその日の装いに合わせて悩まれる方も多いと思います。
高級時計からアップルウォッチまで選択肢は過去に無いほど多く一本持っていても損はしないアイテムをご紹介します。

マラソンのGeneral Purpose(ジェネラル・パーパス)、フィールド・ウォッチとも呼びます。クロノワールドが扱っている腕時計の中でも一番、ファッションとの親和性が高い時計だと思います。

損をしない3つの理由

  1. ミリタリーウォッチである。腕時計の原型ともいえるミリタリーウォッチ、しかもミリタリー風ではなく規格品の本物。流行りを気にされる方も数年に一回はミリタリーが流行しますので安心ですね。
  2. 2017年から現行にマイナーチェンジして風防部分(ガラス部分)がサファイア・クリスタルという硬くキズが付きにくい物に変更されました。これによりファッション好きの方にも気兼ねなくお勧めできるようになりました。
  3. ロープロファイル(派手でなく目立ちにくい)でありサイズ感が良いので彼氏、彼女、夫婦でも使いまわしできます。
ではなぜスマートウォッチではないの?と言う方もいると思います。これは個人差ではありますが週末のオフ、もしくはイベント、キャンプで邪魔をされたくないパーソナルな時間にこそつけて欲しい時計だからです。

そんな理由付けも含めて秋のコーデを考えてみました。

IMG_0409

全て私物で現行で無い可能性もありますが参考までに:
シャツ:J Crew アイリッシュリネン Baird McNutt
アウター:Fjallraven (フェールラーベン)
デニム:Resolute (リゾルト)
シューズ:Church's サハラデザートブーツ

IMG_0410
これはGP(ジェネラルパーパス)のスチールケース、手巻きとクォーツがあります。
ステライル文字盤(US Goverment表記無し)とUSG文字盤両方あるので全てで4バリエーション。

機械式手巻き
https://item.rakuten.co.jp/chronoworld/1024-94003ss/
https://item.rakuten.co.jp/chronoworld/1024-94003sn/

クォーツ
https://item.rakuten.co.jp/chronoworld/1024-94015ss/
https://item.rakuten.co.jp/chronoworld/1024-94015sn/

IMG_0413
こちらはマラグロー蓄光で他のモデルとことなりトリチウム管の自発光ではありませんがその分、文字盤が少しカラフルで特徴があります。又、トリチウム管を使っていないので一番リーズナブルなモデルなのもうれしい所。

https://item.rakuten.co.jp/chronoworld/10000502/

IMG_0414
シンプルを追及したい方はこれかも、本物のミルスペックに加え、これはオールステライルとも言え文字盤にブランド表記も無いトゥルー・ミリタリーです。
https://item.rakuten.co.jp/chronoworld/1024-194004s/

迷うところはミルスペックですので各種部署の要求を満たす為に細かい違いでモデル分けされています。
IMG_0407

この他にもありますので悩んでみて下さい。